低刺激の美白化粧品

体質的に敏感肌や年齢を重ねるごとに今まで使った化粧品が合わなくなってしまい、刺激を感じやすくなりますと低刺激の化粧品を探したくなります。 低刺激の美白化粧品となりますと、皮膚への刺激が気になることや配合成分が凄いから値段も高いのではと思いがちです。

美白化粧品となりますと、お肌の老化現象として表れるシミやニキビ跡にも効果が出ることができるように考慮されていますので、年齢関係なく付けることができることからお肌のケアとしても参考にして欲しいですね。

低刺激の美白化粧品は、ナノAMAのパワーでメラニンを直接働きかけるFUJIFILMのアフタリフトシリーズや、敏感肌用の化粧品としても注目されているディセンシアのサエルシリーズや、シミやニキビ跡の改善するために研究をしたビーグレンのQuSomeシリーズなどがあります。 これらの3つのシリーズの特徴は異なるもののすべてトライアルセットを扱っており、1度にすべての商品を試すことができるのも魅力的です。

メーカーによって値段が高く、肌質によって刺激を感じることもあることから購入することに躊躇しがちでも気軽に試せますので、お肌への効果を体感しながらも肌質との相性が抜群で継続することもできるものを見つけて下さい。

敏感肌のシミ対策

敏感肌の人は普通肌の人よりもシミが出来やすいと言われています。 それは炎症をおこすことで、メラニン色素が生成されやすいからです。 メラニン色素が生成されやすいというのが、敏感肌特有のシミの問題です。

シミの対策として一番にあげられるのが紫外線を浴びないことです。 紫外線を浴びないと、メラニン色素は作られず、皮膚の新陳代謝により、しだいに肌が白くなっていきます。

つぎは、生活習慣を改め、身体の中から改善します。 紫外線はもちろんのこと、喫煙や過剰な飲酒、睡眠不足、ストレスなど活性酸素を発生させる要素を取り除きます。 活性酸素が発生すると、これを排除しようとメラノサイト刺激ホルモンが分泌され、メラニンが発生します。 活性酸素が発生しなければ、メラニンの生成もされなくなります。 規則正しい生活、バランスの取れた食事、十分な睡眠を取り、身体への過剰な負担がかからないようにすることです。 。

最後に、炎症を起こさないようにしましょう。 顔や腕などを擦ったり、刺激の強い化粧品、ニキビや湿疹、かぶれなどです。 皮膚に刺激を与えると炎症が起こり、その炎症によるダメージを回復しようと細胞が活発化され、メラニン色素の生成まで活発になり、色素沈着が起こります。 それを抑えるために、不必要に擦ったり、刺激を与えたりしないようにしましょう。

敏感肌におすすめの美白化粧品

敏感肌ということは、すぐにお肌に炎症が起こってしまう肌のことです。 ですから、ちょっとした刺激で赤くなったり、かゆみや湿疹などのお肌のトラブルが起こるのです。 美白効果のある化粧品選びではなく、お肌の状態を改善する効果のある美白化粧品を選びましょう。

それは、トラネキサム酸を配合した美白化粧品です。 トラネキサム酸は、アミノ酸の一種で、メラニンの生成を抑制する作用、炎症を抑える作用などがあり、さらに、保湿効果もあります。 医療の現場では、抗炎症・抗アレルギー効果や止血効果がありますので、湿疹やじんましんの治療、止血などの目的で用いられていました。 肝斑の改善効果が知られるようになってからは、含有量の違いはありますが、肝斑の改善薬だけではなく、シミ、そばかすの治療のための内服薬、美白効果のある化粧水として市販されています。

美白効果の得られにくい敏感肌の人にとってはおすすめの美白化粧品です。 ただし、敏感肌の方は、美白化粧品を選ぶ際は、配合されている成分には十分気を付けてください。 アルコールを含むものは刺激と乾燥を促進しますので、避けてください。

更新履歴