敏感肌特有のシミの問題

敏感肌の人は普通肌の人よりもシミが出来やすいと言われています。
それは炎症をおこすことで、メラニン色素が生成されやすいからです。
メラニン色素が生成されやすいというのが、敏感肌特有のシミの問題です。
シミの対策として一番にあげられるのが紫外線を浴びないことです。
紫外線を浴びないと、メラニン色素は作られず、皮膚の新陳代謝により、しだいに肌が白くなっていきます。
つぎは、生活習慣を改め、身体の中から改善します。
紫外線はもちろんのこと、喫煙や過剰な飲酒、睡眠不足、ストレスなど活性酸素を発生させる要素を取り除きます。
活性酸素が発生すると、これを排除しようとメラノサイト刺激ホルモンが分泌され、メラニンが発生します。
活性酸素が発生しなければ、メラニンの生成もされなくなります。
規則正しい生活、バランスの取れた食事、十分な睡眠を取り、身体への過剰な負担がかからないようにすることです。

最後に、炎症を起こさないようにしましょう。
顔や腕などを擦ったり、刺激の強い化粧品、ニキビや湿疹、かぶれなどです。
皮膚に刺激を与えると炎症が起こり、その炎症によるダメージを回復しようと細胞が活発化され、メラニン色素の生成まで活発になり、色素沈着が起こります。
それを抑えるために、不必要に擦ったり、刺激を与えたりしないようにしましょう。